工事をする|sunの力を借りて地球に優しいエネルギーを利用しよう

消防法の改正

夕日

東日本大震災以降の国の製作によりかなり広がった太陽光発電ですが、基本的には売電収入を目的とした設置が多いようです、 しかし最近では、省エネ家電などを総合的に駆使する事で太陽光発電のみで家庭内の電気を賄おうという「スマートハウス」と呼ばれる物に注目が集まっています。 これは屋根などに設置した太陽光パネルで発電を行い、それをそのまま売電に回すのではなく家庭内に回して電気を活用すすることで完全な自給自足を目的とする家庭のことです。 これは以前から考えられていたことではあるのですが、バッテリーの長寿命化や高性能化、使用電力が少ない「省エネ家電」や家自体の保温性の強化などにより暖房器具を使わなくてもよいなど様々な分野において技術が進歩したことにより実用可能になってきました。

スマートハウスで重要なのは太陽光発電自体の性能も当然ですが、その電気をいかに効率的に使うかといかに効率的にためるかという事も重要なため、家全体を総合的に作る建設業者が中心にあつかっています。 というのも全体的な改良が必要となるので、既存の家に屋根の上に太陽光パネルを置くというだけでは対応できず、一から新築で作る方が効率が良いという理由があるのです。その為各電気メーカーなどは建設業への協力や技術提供という形で、大型バッテリーの開発やスマートハウスを目的とした省エネ家電の開発、製造などを行ってます。 一方で昨今では太陽光発電のシステムを自作する動きもあり、この中には自分でスマートハウスを作ってしまおうという考えのもとパネルの設置から家電選びまでやってしまう人も居ます。